治療についての疑問を解決|美容外科選びのポイント【ボトックス注射の実績などを確認】

治療についての疑問を解決

注射

メリットと注意点

話題にもなっており雑誌やネットでも評価の高い小顔になる美容整形術がボトックス注射です。小顔になる為には切ったり骨を削ったりといった手術が以前は必要でしたが、ボトックス注射は手術はせずに注射をするだけの簡単な治療方法で小顔を目指せます。美容整形は今や受ける事に抵抗は薄くなり、美しさを追求したい方には必須とも言える程、認知度も高まっています。顔は特に美しさもさることながら、人の印象を決める大きなパーツです。ダイエットして身体はスリムになったが顔は大きいといった方は、筋肉の張りが原因の1つと言えます。顔を大きく見える要因は脂肪が多い事以外に、噛む為に必要な咬筋が発達してエラが張っているからです。ボトックス注射はこのエラの張りをなくして、小顔を実現する治療方法です。ボトックス注射による治療では、施術後すぐに小顔になりません。時間をかけて徐々に小顔になっていくので、自然に顔痩せが実現します。それにより周囲から美容整形を利用した事が分かり難い利点もあります。この様に手術が怖い方や、周囲に受けた事をバレたくない方に適している治療方法と言えます。ボトックス注射は痛みはなく、施術後は特に受ける前と見た目の変化がない特徴があります。だからこそいつもしていた事をそのまま続ける方も多いですが、施術後には守るべき注意点があります。細かい禁忌事項はないのですが、大切な事は1つで患部を乱暴に扱わない事です。マッサージで刺激を与えたり、入浴時間を長くしたりして血流を良くしすぎない事が該当します。血流を良くしすぎたり身体を温めすぎたりすると、腫れを助長してしまいます。ボトックス注射の薬剤であるボツリヌストキシンは、熱で分解されやすい特徴もあります。施術後には医師から注意を受けますが、1週間程は入浴やサウナ、マッサージにアルコールは避ける事が必要です。施術直後には目で見える効果は見当たりません。徐々に効果が現れるのですが、平均で4日以内には実感できます。2週間から1ヶ月程で仕上がりますが、効果は永遠ではないので定期的に受ける必要があります。半年程で効果は切れていき、元に戻っていきます。次回の施術日については医師と相談しながら決めていきます。その為、施術後に経過を診ると言われたら、しっかりその日受診する事を守る必要があります。